■プロフィール

店主 まつもと

Author:店主 まつもと
苔玉と植物のお店と苔玉教室 「三日月豆」の店主。
2013年11月より大阪・上本町から八尾市へ移転しました。
新しい住所は八尾市桜ヶ丘1-69相馬賃家東(奥)より3軒目。古い平屋長屋です。
営業日は随時報告いたします。よろしくお願いいたします。
苔玉の育て方

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ポーポー屋苔箱庭ワークショップ・1
1月29日(日)ポーポー屋さんでの苔箱庭ワークショップ盛況に終わりました。
ご参加いただきました、皆様ありがとうございました。
最初に完成をイメージする作業から始まって、出来上がるまで約2時間ほど。
長くもなく短くもない、いい状態の集中力が続く作業です。

私も今までのワークショップの経験をもとにちゃんと準備していたので、
作業も仕上がりもスムーズに進んでホッとしました。

本当に初めて?っていうぐらい、素敵な作品ばかり仕上がりましたね。

11時~の会の苔箱庭たちです。

2012_0129三日月豆0021 2012_0129三日月豆0023

2012_0129三日月豆0012 2012_0129三日月豆0013

2012_0129三日月豆0015 2012_0129三日月豆0017

2012_0129三日月豆0020

2012_0129三日月豆0004

スケッチの段階でもこれってなんですか?質問をするんですが、
山はこれで流れがこれで、ここにこうなって~と説明してもらうのが面白い。
質問して答えてもらうことで考えがまとまってきたりするのです。
作っている段階でカタチは変わっていくので、そこでも質問ばかり。楽しい・笑。

ちゃんと仕上がるかな~と不安げに作っておられたお客さまのも
最終的にはとてもいいお庭ができた。
仕上がったときのお顔が明るくて嬉しそうなのが伝わってきたので、
言葉以上に表情で伝わることが何よりホッとしました。

2012_0129三日月豆0027
2012_0129三日月豆0030

仕上がった後はポーポー屋さんのお弁当を召し上がっていただきました。
年末にポーポー屋さんから「お弁当にしようと思うねん」と報告をうけていて、
へ~、いいですねぇとだけ思っていたんですが・・・・
仕上がった苔箱庭を眺めながらお弁当ってピクニックみたい!
教室と食事がうまく繋がっていて、ポーポー屋さんでお食事つきのワークショップをする面白みを改めて感じる。

お弁当を開いたときの「わ~!!」という静かな歓声も、なんか嬉しくて。
(みんな蓋開けたあと、また閉めてたのが笑えたわ・・・)
私も心の中でわーって喜びの声をあげてました・笑。


ポーポー屋さんワークショップ・2に続く。。。









スポンサーサイト
出張苔玉教室 | 17:39:23 | Trackback(0) | Comments(0)
葉牡丹
2012_0128三日月豆0012
昨年末から苔玉リースしていた葉牡丹苔玉が帰ってきた。葉牡丹がすごくきれいなままで感心。。。

もうすっかりお正月気分がぬけましたが、
昨年末にはたくさんの葉牡丹苔玉が生まれました。
元気にそだっているでしょうか?
教室では伝えられるだけのことはお伝えしたように思っているのですが。

葉牡丹は暖かい部屋、又は日当りが足りない部屋に置きすぎると
葉っぱが一枚二枚と黄色くなって仕舞いには茎だけになってしまうという悲しい姿になってしまいます。
本来寒い野外で生きているものなので、出来るだけ外で置いたほうが長持ちするでしょう。
ちょっと悲しい姿になってしまった方はお部屋でずっと楽しまれていたのではないでしょうか?

綺麗なまま葉が残っていたら、春先に花のトウが立って来ます。置いておいたら菜の花が咲くでしょう、
もちろんお花を楽しまれてもいいのですが、葉牡丹をそのまま生かそうと思ったら
少しお花を楽しんだら思い切ってトウを下で切ってしまいます。
それからは、日向から半日陰に置いて夏越しをしてください。

盛夏から茎がぐんと伸びてくるかもしれませんが、一年たった姿もワイルドでいいものですよ。
昨年作った姿とは似ても似つかない姿になります。

2012_0128三日月豆0015
昨年末にポーポー屋ワークショップで作られた苔玉。
旅行中のお預かりしています。
葉ボタンきれいでホッとする。



植物コラム | 17:28:39 | Trackback(0) | Comments(0)
1月の苔玉教室・2
1月19日(木)昼、
教室には2回目の方、昨年から何度目かのお客さまでした。
ありがとうございます。

2012_0119三日月豆0008 
植物からは遠く離れてしまっていたけど、久しぶりに育ててみようと思われたようです。
年末にお正月の苔玉を作りに来てくださいました。
「どうですか~?」
「楽しいですよ。植物あるのはやっぱりいいですね」
とおっしゃっていました。
嬉しいな。

2012_0119三日月豆0009  →  2012_0119三日月豆0012
お父様の誕生日プレゼントに作ったボケの苔玉。
あげるのが惜しくなってきた・・・と、ですよね~・笑。
ラッピングもしてみました◎

1月20日(金)、

2012_0121三日月豆0001 2012_0121三日月豆0004
昨年からの予約のお客さまでした。
わー・・・先だなぁと思っていたら、あっという間でした。
ありがとうございました。
かわいいのが仕上がりましたね^^

1月21日(土)、

2012_0123三日月豆0017 2012_0123三日月豆0022

1月22日(日)、夕
2012_0123三日月豆0020 2012_0123三日月豆0021

私が大阪に出てきてから友人の紹介で知り合ったミイミちゃんが、
愛媛の実家へ帰る(就職おめでとう~!)前に教室へ来てくれました。
まだ短い付き合いなのですが、いろんな話をしていたので長い付き合いのような気がする。
少し遠くなりますが、これからもよろしくです。
ありがとう♪
あいちゃんといぶりちゃんとまなちゃんもありがとう^^

1月22日(日)昼、

2012_0123三日月豆0029

2012_0123三日月豆0030

2012_0123三日月豆0032 2012_0123三日月豆0033

初めての方ばかりで、ありがとうございました。
ボケの苔玉と定番の苔玉と草盆栽を1度にするのって・・・大変といえば大変かしら。

1月22日(日)夕

2012_0123三日月豆0037 

常連さまの看護士さんたち。ありがとうございました^^
毎回はげみになっています。
前回作った苔玉のことも聞けるのが嬉しい。


みなさま有難うございました。
またお待ちしております~★















苔玉教室 | 17:42:30 | Trackback(0) | Comments(0)
錦糸南天
2012_0123三日月豆0056

ホームセンターの園芸コーナーに勤める友人からのプレゼントにいただきました。
錦糸南天キンシナンテン

南天は好きな植物の一つなので嬉しい。
ありがとうございました。

南天は難を転ずるという意味もあって縁起がいい。
庭にも植えられる代表的な植物ですし、日本人には馴染みが深いような気がします。
例えば、冬に見る雪の白と南天の赤を美しいと感じるのは日本人独自の美意識なんでしょう。

そういえば・・・紅珊瑚のイヤリングを買うのを迷っていたら店主さんが、
南天の実みたい。冬にぴったり。のようなことをおっしゃって即買うのを決めたことがあります。
こういう言葉はそそられる。
ちなみに谷町6丁目にあるひなたさん

錦糸南天は園芸が栄えた江戸時代に品種改良で生まれた突然変異です。
江戸時代は変り種の植物の種類がたくさん生まれたようです。
それも世の中が乱れて時代が変わり、今では珍しい品種となり人々の嗜好も変わっていきました。

錦糸とは着物などに織り込まれる細い絹の金糸。
葉が細くなって変異した写真の南天のような植物は錦糸と名づけられたようです。
錦糸というのを連想できれば錦糸南天の美しさに、ほーなるほどと思うかも・・・。

江戸時代の園芸は面白いです。
一見すると醜悪とも言えるような突然変異種が紙一重の美しさを感じさせます。

2012_0123三日月豆0055
苔に住む人が1人になりました。
のんびりさん。
また土圭屋さんにお願いしましょう。


そういえば、ちらしずしの上に乗せる錦糸玉子もそうですね~。
こどものころからなぜか錦糸玉子作るのが得意で好きでした。
綺麗と思うのは単に私の嗜好なのかしら。。。。


植物コラム | 17:06:30 | Trackback(0) | Comments(0)
1月の苔玉教室・1
1月13日(金)、
2012_0114三日月豆0007
2012年のはじめのお客さまは高校のときの同級生のさえちゃんでした。
10年近くぶりの再会でしょうか?
昨年のTVがきっかけで連絡をくれました。
そういえば。。。植物好きのさえちゃんでしたね。
お仕事が大変そうなので、苔玉が慰めになってくれたら嬉しい。

1月14日(土)、
2012_0119三日月豆0002 2012_0119三日月豆0004
昨年の11月ごろに苔玉を作りにきてくれたNさん夫妻。
再びのご来店でした。
今回は旦那さんが草盆栽。奥さんがボケの苔玉。
草盆栽はコプロスマとシノブとワイヤープランツと洋風の組み合わせですね~。
苔も綺麗に貼れてます。
ボケは八重の赤花だったかな。。。

奥さんは大の虫嫌いらしく、植物の世話は主に旦那さんがされているようです。
前回作られた苔玉も玄関で育てているようですが、ボケは一年中室内で上手くいくかどうか。
旦那さんは虫が大丈夫なようですので、外にも苔玉コーナー作られたらどうかなぁ~と思います。

2012_0119三日月豆0003
前回作った苔玉。
写真ではわかりずらいのですが、光がよく当たる場所に置いている苔玉のほうが苔の緑が綺麗でした。これからは交互に置き換えしたらどうですか?とアドバイス。

1月15日(日)、朝
2012_0119三日月豆0005
朝早くからありがとうございました。
かわいいですね~。
昭和の親父な旦那さんを騙して苔玉教室に来られたそうです。ははは・笑。
騙して行くところが苔玉作りなんて、罪ないない。
お父さんが喜んでくれたらいいですね。

1月15日(日)、夕
2012_0119三日月豆0006 2012_0119三日月豆0007

擬音?をナチュラルに発せられる面白いお嬢さんたちでした。・笑。
(なんだか要らん説明?面白かったから)
植物は全く初心者です。とおっしゃられていましたが、目つけるところの視点が面白い。
植物を育てることにつまずかなかったら、マニアな植物好きになりそうなかんじ。。。
苔玉、いい感じに育ってくれたらなと思います。

15日はお昼にも5名様、教室してくれました。
どれも可愛かったのに写真撮りそこねてしまいました。スミマセン。

ご参加の皆さん、ありがとうございました。
再びのご来店心からお待ちしておりますね。










苔玉教室 | 11:43:54 | Trackback(0) | Comments(3)
おいなりさんのせんぎょせぎょ~
吉野に戻った月曜日の夜、実家の天井が動物の駆ける足音が騒がしかった。
めずらしいね。どうしたのかな?
と父とのん気にTVを見ていた。

次の日の朝、父が出かけ先の手土産に玄関に置いていた猪肉の塊が消えていたようです。
ネズミじゃなくてイタチだったらしく。。。。
赤味のかたまりと骨付きのかたまりの2種類、
美味しいほうの骨付きだけをころっと持っていったよう。
玄関の扉を自力で開けて、バビュンと獲っていったのかしら。
母と私は気持ちわるっと青筋たてたものの、結局その賢さに驚いて笑ってしまった。
玄関は荒らされた形跡はなくて、本当に肉だけ持って行ったみたい。

玄関の扉を開けて入ったかどうかは、夜に玄関の開ける音とごそごそしてる音がしてるのを聞いて、見に行ったら何もなくて、???だった。
イタチだったんだ。

その日の夕方もチャイムがなることなく玄関から音がした。
イタチじゃない?と笑ってたら、母方の叔父だった(笑・ごめんね)

叔父と母の生まれ育ったのは吉野の山深い村。
実家のある地区にだけ残る「施行(せぎょう)」と呼ばれる大寒の日の行事がもうすぐある。
各場所に祭られているお稲荷さんのきつねに小豆おにぎりと油揚げをお供えをして、
夜中にこどもたちが「おいなりさんのせんぎょせぎょ~(施行)」と声をかけながら廻るようです。

これは、お稲荷さんを奉っているわけではなくて、すべてのケモノに助けられて生きているをいうことから、大寒のこの寒い時期に餓えないようにと始まった古い行事らしいです。

この行事に新聞社から取材くるみたい~と叔父が話題に。
へ~!!!と聞いたことない話だったので興味深々で聞いてたんですが。。。。

イタチ猪肉強奪事件の後なだけに、なんだか感慨深かった。

人以外の動物は不必要に食料を採ったりしないものね。
猪肉も腐る前に食べきってしまうよ!
これでイタチたちは冬を越せるね!
だから大丈夫!

ってことになりました・笑。

面白いことあってん~と叔父に話して、また笑った。

その後イタチが家に入った場所を探したら、網が取れてる箇所があったようです。
肉がなくなるころに穴をふさがないとね。

長くなってしまいました。
最後まで読んでくださってありがとうございます。






雑記 | 23:25:12 | Trackback(0) | Comments(2)
ギャラリーkai の苔玉
ギャラリーkaiの苔玉を年末に新調していました。

2011_1225三日月豆0008 2011_1225三日月豆0011
左)黒松とシダ  右)ちりめん定家かずらと姫リュウノヒゲ

2011_1225三日月豆0012 2011_1225三日月豆0013
左)カルーナ 洋種の植物なのですが、なんだか岩ヒバみたい。 
右)3年目の苔玉を崩して苔玉に作り直しました。
よう判らないかもしれませんが、ありきたりの植物でも年月を苔玉でひょろっと過ごした植物の風情はいいな。
とお気に入りです。


この他イロイロ。育てやすい大きさの物にしました。

近頃はあまり手直しや様子見にも頻繁に行けなくて、あぁ・・・いけません。と思いつつなんですが、
いつもと変わらず暑い日も寒い日も水やりやお世話していただいて、本当に感謝しています。
今年もよろしくお願いいたします。

2011_1225三日月豆0002

この日は風の強い日だったので、ギャラリー横の土間に苔玉棚は入れてもらっていました。
土間の壁にはギャラリーkaiのご主人のご亭主の写真があって、ときどき入れ替わっています。
写真のことはよく判らないのですが、ご亭主の写真は好きです。
私はこのさりげなさに、毎回見るのを楽しみにしているのです。

今ある写真が苔玉に合いそうと思ってしまったので・・・
こっそり一緒に撮らせてもらいました・笑。
(勝手に写してすみません・・・よかったかしら?)

gallery-kai
今は展示はないのかしら?
常設展はしてるのかなぁ。

近く来られたときは寄ってみてください。
苔玉も見てやってください。






















gallery-kai/銀杏庵 | 23:56:37 | Trackback(0) | Comments(0)
春を放つ
2012_0114三日月豆0011

12月の末に作ったボケの苔玉。
お店の中はやっぱり暖かいので知らないうちに蕾が次々と膨らんで花が開いてきました。

日本では、ボケの実が瓜に似ていることから?なのか
「木瓜」(ボックワ)が転じて「ボケ」となったそうです。
中国では春をいち早く伝える花木として
「放春花」とよばれているそうです。
あら・・・素敵ですね。

ん~でも世間は1月只中・・・、これから本格的な寒さがなんて恐れているのに、
ちょっと早すぎやしませんか・笑。
三日月豆ではひと足早く春をおこしてしまったようです。

すこし寒さにあてて花開かせたほうが花の色が濃くでるような気がします。
今咲きかけている蕾が咲ききったら2番目の蕾が付くまでは吉野の庭に戻す予定です。




ところで、お正月に兄からデジカメのお古をちょうだいしたんですが・・・
2012_0114三日月豆0012
今さらなんですが、憧れのリコー!
わー嬉しい嬉しいと(内心)喜んでいたんですが・・・
どうにも撮り方とか自分が思うような感じに撮れなくて残念。(説明書はなかったし)
だれか詳しい人がお客さんに来ないかと内心もくろんでます。

植物コラム | 16:27:14 | Trackback(0) | Comments(4)
ポーポー屋ワークショップ・バレンタインのハート苔玉
2012_0112三日月豆0018

バレンタインにはハートの苔玉つくり いかがでしょうか?
ハートの苔玉つくりは集まって作る教室にしたほうが絶対楽しい。
今回は私の希望で今年も・・・とさせていただくことになりました。

いろいろなハートに仕上がって楽しいですし、かわいい♪

大切な人へのプレゼントにも素敵ですし、
自分のために作るのもよし。
男性も大歓迎です★
(個人教室では男性がハートの苔玉つくりを希望されることが結構あるんですよ。とってもキュートです!)

2012_0112三日月豆0020
今回は 豆つた も苔に植え込んでいただきますね。

2012_0112三日月豆0021
植物も枝モノ草モノ可愛いモノ 色々取り揃えます。


日時 2月11日(土)18時~ (2時間程度)

場所 北堀江・沖縄料理ポーポー屋

費用 3800円 (今回は写真の白いお皿・夜食つき)

お申し込み 06-6772-6720 (三日月豆)まで。
又は、三日月豆HP のお問い合わせフォームよりメールください。

ご参加お待ちしております^^




未分類 | 17:21:58 | Trackback(0) | Comments(0)
モノコト・ワークショップ
2012_0108三日月豆0004

新春の名古屋モノコトさんでの出張ワークショップ

今回は 「ボケの苔玉つくり」 をします。

梅や桜の花びらに比べて肉厚なのが、ボケの花。
比べて、花の時期も長いです。
1番目が散っても、2番花の蕾が出来て、環境によって3番花まで楽しめる場合も。
もちろん次の年も楽しめるようにしっかりレクチャーしましょうね。

写真は12月に作ったお店にあるボケの苔玉。
蕾がだんだん膨らんできました。(室内は暖かいので)
なんとなくスズメを思わせるようなぷっくりとした蕾もかわいいですね。

2012_0108三日月豆0006

花が咲いてから根っこを動かせないので、この機会に~
お待ちしております。

日時  2月5日(日) 13時~ と 16時~

お申し込みは モノコト まで。

お知らせ | 15:08:52 | Trackback(0) | Comments(0)
アイリスカフェワークショップ「草盆栽つくり」
2010_0924三日月豆0009
イメージなので植木鉢は変わります。

アイリスカフェのワークショップ

今年の2月は 草盆栽作り をします。

直径9cm程度の小さい植木鉢に小さい植物を寄せ植えして、苔をこんもり張り付けします。
育て方のこともしっかりレクチャーいたします。
苔玉ともちがう、盆栽ほど堅苦しくなくて自由な感じで苔を楽しんでいただけたらと思います。
教室の後は、アイリスカフェ特製のシフォンケーキのカフェプレートでのんびりお茶をしましょう。

2月4日(土) 15時30分~ (2時間程度)

費用 2900円 (アイリスカフェのカフェプレート付き)
普段より少し高くなってしまいました。すみません。

場所 アイリスカフェ 
    京阪守口市駅降りてすぐ→地図


お申し込み
06-6772-6720 (三日月豆)まで。
又は、三日月豆HP
 のお問い合わせフォームよりメールください。

楽しい教室にします。
お申し込みお待ちしております!








お知らせ | 14:46:07 | Trackback(0) | Comments(0)
新年のご挨拶
昨日は一日、年末に回収した苔玉リースお取引先さまへ苔玉を返すのと新規のお店へ回ってました。天王寺区から北区まで。

年末には苔玉を引き取りに回ってたんですが、
いたるところから「よいお年を~」と耳にしたり、言ったりとなんだか心がほわっとなりました。
年が変わって一週間後、今度は「あけましておめでとうございます」と挨拶があって・・・、
ほわっとっていうか・・・ちょっとチャキッとした感じでしょうか。
心持が違うような気が。
いや・・・どちらも変わりないようにみえましたよ、三日月豆さん。といわれるかもしれませんがね

去年は2件だった苔玉リースが今は7件なんですよー。
すごいすごい。(←すみません笑)
よく考えたら嬉しくって。


TS3N06460001.jpg
北田辺の会社カウンターに。
山のようにでかい苔玉。作るのが本当に大変だった・・・・・。
広い場所にはこれぐらい存在感あると目ひきますね。(鏡餅にまけてないぞ)

TS3N06500001.jpg
長らくお世話になってる塚本の柳原歯科医院。
いつもありがとうございます。

TS3N06510001.jpg
この苔玉、お気に入り。

TS3N06580001.jpg
来週に福島でopenする日本料理のお店「木古里きこり」。
福島の飲食店が路地にちらばるいい場所にあります。ちょっと奈良町みたいな雰囲気だな。
大正時代のボロイ家屋を改築したらしく・・・とにかくグッドデザインなお店でした。
三日月豆の苔玉置いていただけるなんて、うれしいな。
すごくよく似合っていたし。
openが楽しみです。

TS3N06520001.jpg TS3N06550001.jpg

TS3N06570001.jpg 器も素敵だった~

TS3N06590001.jpg

この他、一陽さん・高間綜合クリエイトさん・山田さん・PREGOさん
よろしくお願いいたします。

苔玉リースのお問い合わせもお気軽に♪ (06-6772-6720)





苔玉リース | 17:31:06 | Trackback(0) | Comments(0)
1月のポーポー屋ワークショップ
ポーポー屋さんでの特別ワークショップ

「苔箱庭つくり」 をします。

外角15×15cmの木箱に、苔と植物と石と砂利を使って箱庭を作ります。
木箱はホワイトか焼き板か選べます。
日本庭園を造る約束事を取り入れながら、
それぞれの庭が仕上がるのは思っているよりずっと創造的で楽しい♪(らしいです!!)

20111015145315391_220.jpg 20111008180455192_220.jpg 
20111005100952246_220.jpg 20111015125959ab2_220.jpg
20111005100954dca_220.jpg 20111005100952e0f_220.jpg

1月29日(日)、11時~ 残席2名
                16時30分~ 残席2名

2月26日(日)、11時~  残席あり 募集中

費用 5000円 (ポーポー屋さんのお食事つき)

私も苔箱庭教室を始めてから、4個ほど作ったのですが・・・・なかなか奥深い。
これってやっぱり数人で一緒にするのが楽しいのではないかしら。
本当に苔玉以上にその人それぞれの違うものが出来るので面白いです。
みなさんの製作の参考になるような資料も簡単に作るので、
興味ありましたらお気軽に♪

お申し込みは お電話 06-6772-6720
HPお申し込みフォームより、お申し込みください。



お知らせ | 19:02:20 | Trackback(0) | Comments(0)
あけましておめでとうございます。
2011_1224三日月豆0002

あけましておめでとうございます。

この数年は今年はどんな年になるんだろう?
とワクワクするのと同時にとりえず流れにまかせよう。
という気持ちが大きかったのが・・・
今年はこんなことしたいな、という思いに変わってきています。
不思議と。
どんなことがしたいか、というのははっきりとここでは言葉にできないんですが。

とはいえ、やりたいことがあっても流れに身をまかせようというスタンスは常に変わらないかも・笑。


あらゆる仕事
すべてのいい仕事の核には
震える弱いアンテナが隠されている

茨木のり子さんの詩の一節です。

去年のお正月はどんなこと書いてたんだろう?とブログを見てみた。
今年も同じ気持ち。

今年も楽しい植物入門(もう少し進んだことも)になるような、教室やお店つくりをしていきたいと思っています。

どうぞ宜しくお願いいたします。






未分類 | 17:21:14 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。