■プロフィール

店主 まつもと

Author:店主 まつもと
苔玉と植物のお店と苔玉教室 「三日月豆」の店主。
2013年11月より大阪・上本町から八尾市へ移転しました。
新しい住所は八尾市桜ヶ丘1-69相馬賃家東(奥)より3軒目。古い平屋長屋です。
営業日は随時報告いたします。よろしくお願いいたします。
苔玉の育て方

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
グリュックリッヒでレッカーな一日
今日は久しぶりに一日休日を楽しみました。
友人のピアニスト・二塚さんのお誘いだったんですが、
私たちがデート(?)するのはいつも奈良駅周辺。

今年は初もうでをしてなかったので、春日大社に付き合ってもらいました。
春日大社は本殿までお参りしたことがなかったのです。
寒い2月ということもあって、人も少ない。

春日大社の中に万葉植物園があります。
藤の花が有名で花の季節にはたくさんの人が来られるようですが、
さすがに冬枯れの季節は人が全く居てない。
二人の庭のようでした^^
わ~ってかなりテンション上がってましたね(笑)

万葉植物園、すばらしいですよ。
一つ一つの木や植物に名前のプレートがきっちりつけられています。
ひとつひとつが美しく手入れされていて、すっきりしていて気持ちいい。

人が手を抜かずに信念をもって培ってきたものは、本当に静かで清涼な気分にさせられます。
形として現れるものでなくとも、すべてのありとあらゆる仕事はそういうものではないかなと思います。・・・仕事をしないということすら信念もって手を抜かずにすれば、そういったものになるんじゃないかしら・笑。

というのは理想論ですが、そうであってほしいなと思いました。

TS3N06840001.jpg
倒れた木のからまた木がニョキニョキと生えていた。
かわいい~


奈良駅まで歩いて戻ったらかなり体が冷えていて、たまらず豆乳ぜんざいを食べる。
「幸せだね~」
と言い合って、笑い合う。

その後、二塚さんのピアノの師匠の荒氏とドイツ人の奥さんと合流してお好み焼きを食べに行きました。
幸せですというのはドイツ語で「グリュックリッヒ」で美味しいは「レッカー」というようで。
4人で「グリュックリッヒ」と「レッカー」を連呼する・笑。
あと、「ヤー(はい)」と「ナイン(いいえ)」。

ドイツ人の奥さんは日本の食べ物は何でも美味しく食べられるそうですが、お寿司の中ではサバ寿司がお好きなそうなようです。柿の葉寿司(奈良吉野の名産)は好物だそうです。
「サバ寿司を発明した人はノーベル賞もらえる。アトム(原子)よりずっと素晴らしい」
そうだそうだ・・・アトムよりずっとずっと素晴らしい。
けど・・・私はサバ寿司がたべられんのよね・笑。

そして以外とお好み焼きに日本酒って美味しいことを知りました。

TS3N06880001.jpg
鹿がパンツはいたみたいなお尻をフリながら去っていきました。(目をこらしたら見えるでしょ)

そんなこんなで、とってもグリュックリッヒでレッカーな一日は暮れていきました。
二塚さん、ありがとう。(ドイツ語も勉強できたよ。発音むずかしい~今度復習してね。)

本当に奈良はおちつくなぁ。 



スポンサーサイト
奈良のこと | 22:23:15 | Trackback(0) | Comments(2)
お客さんからの植物相談 「ガジュマル」
2011_0812三日月豆0010

「今年になってからガジュマルの苔玉の葉が落ちて、
水枯れのせいかと思って、深鉢の底に小石敷いて水を溜めていました。
幹もぶよぶよっとしてきました。どうしましょう~。」

というご相談を先日メールで受付いたしました。

どうやら野外で育てていらっしゃったようです。

熱帯の国に自生する観葉植物が冬の寒さで葉を落とすことはよくあります。
比較的寒さにつよい観葉植物は葉をすべて落としても春になったら葉が出てきます。

ガジュマルは観葉植物なので冬は室内で育てますが、関西より西でしたら比較的寒さにも耐えるので野外でも軒下だったら葉を落として冬越しする可能性は高いです。
この数週間前は大雪がふったりとかなり冷え込む日が続いたので葉っぱが落ちて、
さらに水を溜めることで凍えてしまったのではないかと思われます。

幹がしっかりとしていたら春に葉っぱが再び出てくる可能性は高いのですが・・・
ぶよぶよなのはちょっと心配・・・というかOUTかもしれません。
それでもガジュマルはとても強い植物なので、ひょっとしたらということもあるかも。
性急に葬らずに初夏ぐらいまで、室内の明るい窓辺で様子を見るのもいいかもしれません。
土が固くなるほどカラカラにするのは問題ですが、乾きぎみに育ててください。

観葉植物でも寒さに弱くて葉が落ちてしまったら回復できないものも中にはあります。
植物には越冬可能温度というのもあるので、購入時にお店の人に尋ねるのも大切がことですね~。


20090719014521566_200.jpg

パキラも冬に葉っぱが落ちてしまった!とよく聞きますが、幹がしっかりとしていて先が緑みしていたら春にまた葉がでてきます。ご安心ください。水やりは控えめに。


今回ガジュマルのご相談してくださったOさん。
悪い例みたいにご紹介してしまいましたが、そうではないので気を悪くされませんように。。。
どうしよう~と聞くことが一番大切なことです!!
枯れてしまった・・・水枯れが原因?と思って自己解決すると再び同じことがあるかもしれないので~^^
判らないことは調べたり聞いたりすることが一番いいことです。









植物相談 | 19:54:05 | Trackback(0) | Comments(2)
3月の三日月豆教室
吉野で車に乗っていると窓から満開の蝋梅や黄色が鮮やかなレンギョウがとびこんできて、
梅の花がぷっくりしている。
外にでたら春の気配を探してしまいます。

まだまだ寒い日が続きますが、今年もちゃんと訪れる春が嬉しいし、感謝せずにはいられませんね。

さてさて、今月もよろしくお願いいたします。


3月の三日月豆での苔玉教室

1、「吊るす苔玉つくり」

垂れるタイプの植物を3種選んで苔玉にします。
明るい室内で楽しめる植物たちを選びます。

ワイヤー籠とガラスの器もセット!
空間を生かしたグリーンを楽みましょう。

籠の数に限りがありますのでお早めにご予約くださいませ。
籠なしの垂れる苔玉作りのみも受付いたします♪

2012_0223三日月豆0060  2012_0223三日月豆0061
シュガーパインとプミラサニーとワイヤープランツ


費用 3200円  (籠と器つき) 2800円 (苔玉のみ)


2.「定番の苔玉つくり」  2500円

BLOG2009_0302三日月豆0011
今月もクローバーの苗はあります。クローバーと一緒に植えるのがオススメの多肉植物類セダムも数種揃えます。
春らしい可愛い苔玉つくりになります。

3、「春の山野草を使った苔玉つくり」 2800円~

アッツ桜・スミレ・・・等々、お花が咲くものを使います。ご予約のときにどんな植物になるかお訊ねください。


お申し込み
06-6772-6720 (三日月豆)まで。
又は、三日月豆HP
 のお問い合わせフォームよりメールください。

お待ちしております!





お知らせ | 15:05:07 | Trackback(0) | Comments(0)
3月のポーポー屋苔玉ワークショップ 「オキナ草」
ポーポー屋さんでの苔玉ワークショップ、
3月はやさしい春の息吹を感じるような植物を使った苔玉つくりをしたいなと考えました。

植物のお題は 「オキナ草」

73286975_v1329505882.jpg
インターネットの画像からいただきました。すみません。

imagesCA2VMYL7.jpg

申し訳なさそうに首を下げて咲く赤いお花が咲き終わったら、
白い綿毛になります。この姿から翁を連想させることから付いた名前。
なんだか存在自体がかわいらしく暖かで、初めてこの花を見たときは一瞬で好きになりました。

自生しているものは少数で幻の花と呼ばれていますが、
最近は人の手で増えたものが比較的手に入りやすくなりました。

このオキナ草にピッタリの野の草を1・2種合わせて苔玉にします。
これもこの時期にしか出来ない苔玉です。

ポーポー屋さんの軽食も楽しみの一つ。
植物と美味しい食事、豊かな時間を過ごしましょう。

オキナ草の苔玉の育て方のレクチャーもみっちりしますので。

日時 所要時間2時間程度
3月17日(土) 13時~

3月28日(水) 19時~

費用
3800円 ポーポー屋さんの軽食つき


お申し込み
06-6772-6720 (三日月豆)まで。
又は、三日月豆HP
 のお問い合わせフォームよりメールください。

お待ちしております!

お知らせ | 16:59:27 | Trackback(0) | Comments(0)
2月の苔玉教室・3
今週は馴染みのお客さまが多い週でした。
久しぶりの方もいらっしゃってすごく嬉しかった。

2月18日(土)朝
お馴染のKさんがお姉さんと来てくださいました。

2012_0218三日月豆0007
野菜しか作ってないとおっしゃってましたが、昨年妹さんが作った草盆栽を見てかわいいと思ってくれたみたいです。
今年は作りにきてくださってありがとうございました。
なかなか難しいバランスの植物を上手に組み合わせされましたね^^

2012_0218三日月豆0008 2012_0218三日月豆0012
K妹さん。桜の苔玉と昨年の草盆栽の植え替えを。
一年経った植物はそれらしい顔になります。かなりいい状態でした。
やっぱり外で育ててくれていたみたいですね。

2月18日(土)昼
仕事が忙しいTさん、どうされてるのかな~と思っていたら予約があって嬉しかったです。

2012_0219三日月豆0003
空いた鉢で草盆栽とボケの苔玉つくり

2012_0219三日月豆0008
フランスのおみやげチョコいただきました。すごいかわいい~。騒いでしまった・・・
さすがおフランスです。空いた後は何を入れようかしら。
と、中身のチョコでひとりお茶させていただきました。
美味しかったです♪ありがとうございました♪


2月19日(日)朝
もう、3年のお付き合いですね~。コンスタンスにきてくださっていたUさんが久しぶりでした。
あれこれお話できて嬉しかったです。

2012_0219三日月豆0018
ご希望で特別に苔箱庭とボケの苔玉をさせていただきました。
なかなか密度の濃い教室でしたね。お疲れではないかしら?
苔箱庭は今までの作品にないような感じ。素敵です。

ありがとうございました。

2月19日(日)昼

いつも看護士さん仲間で来て下さっているMさんが今回は彼氏さんとご一緒に。

2012_0219三日月豆0019 2012_0219三日月豆0020
左が彼氏さんで、右がMさん。
どっちもいい感じ。選ぶ植物で随分印象が変わりますね。

2012_0219三日月豆0021
地衣類のかわいいのがあったので、植物の袂に植えると世界が広がりますね。

皆さんいつもありがとうございます。
又のご来店お待ちしております!!


カメラ前の方がいいかもしれないな~。。。。









苔玉教室 | 17:13:00 | Trackback(0) | Comments(0)
花の苔玉はいかがでしょうか?
2012_0216三日月豆0015

昨年もたしか三日月豆で教室した園芸用のかわいいお花を使った苔玉。
土の分量を更に変えて作ってみました。
これでいい感じに長持ちしてくれるのではないかと思って実験中です。

こういったのを普段は作ろうとは思わないんですが
たまにはこんな華やかな苔玉もいいのではないかと思いますね。
お花ってやっぱり心が華やぐ。

今日、教室に来てくれたお客さまが
「今度はこういうの作ってみたいわ~」
と見つけて声かけてくれたのも嬉しかったし。。。

プレゼントにもいいですよね。

5月の母の日にいかがでしょうか?

園芸を始めたころの寄せ植えが楽しくて仕方なかった時期を思い出すなぁ。

2012_0217三日月豆0006

数週間前に上本町の駅前で梅林の宣伝に梅の枝が配られてたので、
思わず並んでもらってしまった。
あういうときの人の勢いってすごいですね。あっけにとられてたら、背中を軽く押されました。
たくましい・・・笑。

梅は近寄るとほのか匂うのが色っぽい春を感じます。
素敵な花木だなぁ。

今日の写真は全く使い方のわからない貰ったリコーで撮ってみました。
ほんまに上手く取れたら雰囲気のある写真が撮れそう。
少しカメラに興味がわいてきたかも。


2012_0211三日月豆0007
この写真は撮影の合間にブログ用に撮ってくれてます。
もっといかにもHP用の撮影してるところ撮ればよかったね・笑


先日はHP作成してくれている enoさん たちが撮影に来てくれました。
もうすぐ、すごく・・・素敵なHPが出来るはず。
楽しみです。楽しみにしていてください~♪






苔玉 | 17:44:44 | Trackback(0) | Comments(0)
2月の苔玉教室・2 「はからずとも・・・」
2月12日(土)
はじめてのお客様2組3名さまでした。
おしゃべりしながら楽しく教室できましたね。
ふとした会話の単語・・・支店長でしたっけかな?から同じ銀行員であることがわかりました。
すごいー^^
本当にたまにこういった偶然の共通点の引き合いがあるんですよね。

2012_0212三日月豆0003
ハートの苔玉かわいいです。
快く場所を変更してくださってありがとうございました。

2012_0212三日月豆0005

2012_0212三日月豆0006

職場の先輩と後輩のなかよしなお二人だったのですが、教室では先輩が後輩にどうかな?どうかな?と度々聞いてるのが微笑ましいでした。
ふたつ両極端な雰囲気の苔玉になってるのも面白い。
もちろん、どちらも素敵です。

うまく育ってくれることを願うばかり^^

ありがとうございました。
またのご来店お待ちしております!

2月12日(日)

この日も不思議な引き合い。計らずとも、こども苔玉教室となりました!
お母さんと小学4・5年生の女の子が集まりました~★
すっごくかわいい女の子たち。
選ぶ植物も可愛いものだったり渋いものだったり、仕上がりも大人の苔玉教室と変わりないですねー。

2012_0212三日月豆0008

2012_0212三日月豆0016 2012_0212三日月豆0018

2012_0212三日月豆0019 2012_0212三日月豆0022
最後はシマウマ乗せて遊びました。
本当はライオンがよかったそうです。かわいいのを見つけて一緒に遊んでください。

2012_0212三日月豆0023
お母さんが作った桜の木の下に苔の人。
あんまりぴったりで持って帰ってくれました。
桜が満開になるのが楽しみですね♪

楽しかったですね。

ありがとうございました!
またのご来店お待ちしております~




出張苔玉教室 | 16:55:09 | Trackback(0) | Comments(0)
2月の苔玉教室・1
2月2日(木)

手伝いに行ってる小料理屋のお客さまが苔玉作りにきてくださいました。
ありがとうございました^^

2012_0202三日月豆0022
1年ほど前から・・・
「苔玉教室いってな~おっぱい作るわ!」と・・・冗談、ははは。
そんなにおっぱい作りたいなら作りましょうかね。

2012_0202三日月豆0029     
初めてにスケッチしてもらいました。

2012_0202三日月豆0026
おっぱいというか・・・双子山ですね。
お母さんとコドモが寄り添っているようにも見れるし。
たけちゃんは多分かわいいものしか作れないと思う・・・笑。

大きさのバランスもよいです、素敵!

2012_0202三日月豆0027
ご一緒だった女性は苔玉を二つ。ピアノの上に置きたいと。
こちらも可愛いな~^^

まさかまさかの教室参加でした。本当に嬉しかったです^^
ありがとうございました。
また作りに来てくださいね。

2月4日(土)

2012_0204三日月豆0002 2012_0204三日月豆0004
はじめてのお客さま。
よいバランスに綺麗に仕上がりましたね~。

クローバーとセダムは日向の植物(左)。
南天とアイビーは半日陰向きの植物(右)。
半日陰の苔玉の手前に生えている植物は山で採ってきたものです。
辞典でしらべても名前がわからない~野草。葉っぱが大きくなってきたら大きいのは切って姿をコンパクトにまとめしょう。また小さい葉が内側から生えてくるのを育てた方が姿が綺麗になります。

ありがとうございました!

又のご来店お待ちしておりますね。




苔玉教室 | 10:57:44 | Trackback(0) | Comments(0)
黒松
2012_0211三日月豆0002

今回は昨年末から作っていただいたり、購入していただいた黒松について。

松について調べてみて、ちょっと面白いなと思ったこと。
土地を切り拓いて生成するとまず生えてくるのはチガヤ、その次はナラ、次はマツ。
つまり痩せた土地でもよく生えて育つということです。
よく考えたら・・・海岸の崖から生えてる松ってイメージありますよね。
あれってすごく過酷な環境。。。
なんだかよくわからないけど頭下がってしまいます。
っていうのも変な話ですが・笑。

松のこれからの手入れですが、

1・ 5月~6月頃に 「みどりつみ」

2012_0211三日月豆0004
全体に芽を2・3本にします。勢いのいい芽から手で摘み取りましょう。

2・ 秋以降にする 「もみあげ」

勢いの弱くなった前年の葉をむしりとります。その様子から「もみあげ」といわれます。
この作業をすることによって風通しがよくなって、光も満遍なく当たります。

夏は苔玉を深めのお椀に器を変えて、小石を敷いた上に苔玉を乗せましょう。
そこそこ日当りのよい場所で水を切らさないように管理しましょう。


ところで、お客さんからコラッと怒られそうなことを発見したんですが・・・

最初に書いた土地に生える植物の遷り変わりですが、松が生えたあとどうなるかというと。。。
広葉樹と入れ替わるように枯れる。松は広葉樹林のように腐葉土がたまる土地になると衰弱します。ということは・・・ケト土のような腐葉土の中の腐葉土は松にとっては一番よくない???

とはいえ一昨年に作った松はまだ大丈夫。。
今年一年苔玉で楽しまれたら、来年は鉢植えにするのをオススメします。
持ってきていただいたら、植え替えのレッスンしますので~。

松のことや土地の成り立ちについて考えてたら思い出したこと。
お正月にしていたNHKのドラマ「開拓者たち」がよかった。
ドラマもよかったけど、合間にある当事者たちのインタビューがすごくよかった。
須磨高原の牧場(行ったことないけど)は有名ですが満州から引き上げてきた村の人たちが作りあげたものだったということも知らなかったし、なぜ牧場だったのかということがわかって目から鱗でした。
それと同時に自分が育った町にも同じような開拓者の村があったことも知りました。

そんなことを考えていたら、イエーツの詩が頭に浮かんだ。

「世界は君が思うよりずっと悲しみに満ちているから」








植物コラム | 22:43:45 | Trackback(0) | Comments(0)
1月の苔玉教室・3
1月23日(月)、

2012_0123三日月豆0060 2012_0123三日月豆0061

昨年の夏ぐらいからリピートできてくださっているお2人。
苔玉が結構集まってるはず。
朝起きて階段下りるとき、苔玉たちに「おはよう」って声をかけることが日課のようです^^かわいい~。
いつもありがとうございます!

1月27日(金)

ボケの苔玉つくりがありました。
仕上がりを撮り忘れていたみたいです。ごめんなさい。
ご参加ありがとうございます。
2月26日の苔箱庭ワークショップで再びお会いするのを楽しみにしています!^^

1月28日(土)、朝
2012_0128三日月豆0002 2012_0128三日月豆0003
昨年から何度か来てくださってますね。
今回は息子さんのお嫁さんとご一緒でした。素敵ですね~★
ありがとうございました。

最近はリピーターの方と初めての方が半分ぐらい。すごく嬉しいです。
その分、いつも新鮮な気持ちになってもらえるように工夫が必要ですね。
頑張ろう。

1月28日(土)昼、
2012_0128三日月豆0006 2012_0128三日月豆0007
初めてだったので、3種の基本の苔玉つくり。
植物選んでもらうのも見てたら面白いですね。
かわいいの仕上がりました。

2012_0128三日月豆0010
ポーポー屋さんでのWSのお客さまが三日月豆に。。。
また雰囲気が違うのでどうだったでしょうか?
ボケの花、楽しんでくださいね。
またポーポー屋さんでもお待ちしております~。

みなさんありがとうございました。
またお待ちしております。












苔玉教室 | 14:55:13 | Trackback(0) | Comments(0)
2月5日(日)、名古屋モノコトワークショップ「ボケ」
名古屋・モノコトさんでの苔玉ワークショップを無事終わりました。
「ボケの苔玉つくり」総勢18名の方に作っていただきました。
ありがとうございましたー。
あっという間の一日。

033_200.jpg 034_200.jpg

039_200.jpg 042_200.jpg

041_200.jpg 052_200.jpg

049_200.jpg 047_200.jpg 

今回のワークショップでは前回に苔箱庭を作ってくださった方が多くて嬉しいことでした。
しかも名古屋に実家のある大阪でのお客様のご家族も参加してくださっていたりと、色んな意味で嬉しかったな。
その後の箱庭の様子も聞けたりとちょっと安心したりしました。


苔玉の水やり方法などコチラをごらんください。→ 苔玉の管理

補足ですが、冬の2.3日に一度の水やりは目安です。
場所によって乾き具合が違うので、各お家の乾き具合に合わせた水遣り頻度で与えます。
一週間に1度たっぷりと、で上手く育てられている方もいらっしゃいます。
冬の場合ですが、バケツにドブ漬けしたときに泡が出てきてなくなるまで10秒~15秒ぐらいの乾き具合がよろしいかと思われます。


051_200.jpg 
モノコトのtacoさんの自宅で療養していた苔玉に違う苔が生えてきてモケモケになったみたい。かわいすぎる~^^





111230_165202_200.jpg mail.jpg
名古屋のお客さんから写真いただきました。いい感じ。
カエルくんがゴジラみたいですね・笑。


2012_0129三日月豆0075

次回のモノコトワークショップは 4月15日(日)、「苔箱庭」 します。
箱を長方形にしようかしらと思案中です。
どうぞよろしくお願いいたします♪







名古屋・モノコト | 13:44:07 | Trackback(0) | Comments(2)
ポーポー屋苔箱庭ワークショップ・2
2012_0129三日月豆0058 2012_0129三日月豆0044

2012_0129三日月豆0047 2012_0129三日月豆0048

2012_0129三日月豆0051 2012_0129三日月豆0052

2012_0129三日月豆0053
この会の一番の好評の苔箱庭でした。山から川が流れ落ちてるのがよく表現できてますね~。

1月29日のポーポー屋苔箱庭ワークショップの2回目の作品です。
う~ん、どれも素敵★

この会は男性の方も3名さまいらっしゃいました。
人が変わるとムードも変わって一回目ではでてこなかったイメージも新たにでてきて面白いですね。
最初に描いたデッサンを作る終わってから見直してみたら、
ぜんぜん違う~という声が面白かったです。

あと、大きい石を使ったほうが庭にしまりがでますね。という意見も。
こういうことも選んでしてみて見比べてよく分ることなので、気づいてくれて嬉しいです。
次回作りたいなと思ってくださってる方は参考に~。

2012_0129三日月豆0064
庭をみてお弁当。幸せそう~

20120129235220d14_200.jpg
乾杯。ビールも追加注文。大人のワークショップっていう感じが素敵です。

次回は2月26日(日)にあります。
どんな苔箱庭が出来るでしょうか。楽しみです。






出張苔玉教室 | 13:04:16 | Trackback(0) | Comments(0)
アイリスカフェワークショップ「草盆栽」
今週末は出張ワークショップが続いて大忙しなのでしょうか。
今日はアイリスカフェへ2ヶ月に1度のワークショップへ行ってきました。

2012_0204三日月豆0024 2012_0204三日月豆0025

2012_0204三日月豆0029 2012_0204三日月豆0026

2012_0204三日月豆0022

植物もイロイロなので、本当にバリエーション豊かな草盆栽が仕上がりました。
どれもかわいいな~。
苔が上手く育ってくれたらと思います。

ご参加くださった7名さま、ありがとうございます!
あら・・・一つだけ苔玉。

実は1名さまの予約のメールが届いてなくて、お一人さま分漏れがあったのです!
いつも余分に用意してるのに今日に限って人数分しかないし・・・
ちょっとパニックになりましたが。。。
みなさんとてもお優しくて、1人は苔玉にしてくださいました!泣

苔は草盆栽に使うもこもこの苔を貼っていただいて、大きさもかわいい。
ほんまにマリモに植物生えてるみたいでかわいいのが仕上がりました。
よかった~・泣。

苔玉を作ってくださったTさん、本当にありがとうございました。
楽しんで気に入ってくださってるのがわかったので、
おかげさまで私のテンションも元通り、楽しい教室にすることができました。
今後このようなことないように気をつけますね。

お伝え忘れていましたが、雨に当てると苔が綺麗になります。
雨の日は外へ。

でもこの苔使った苔玉ほんまにキュートですね。
今度、教室考えてみよう。


皆様へ  メールでのご予約の後は必ずお返事しているので、返事がないときは届いていない可能性あります。お手数ですが、再度ご確認お願いいたします~

しかし、今日はどんくさい一日でした。
京阪京橋でまちがって特急のってしまって、枚方まで・・汗。トンボ帰りで守口市駅へ。
10分ほど電車乗るのを40分近く乗ってしまって、ようやく着いたらみんな待っててくださっていて・・・泣。
慌てて準備。重ね重ね本当にすみませんでした。

ちょこちょこ失敗やらかしても、お客さんはすごく寛容。
つくづく助けられてお仕事させてもらってるなーと思います。
本当に気をつけなきゃ。
本当にありがとうございます。

次回のアイリスカフェのワークショップは4月7日(土)15時30分~です。
何作ってもらおうかな。


さぁ、明日は名古屋へワークショップです。
お客さまも順調に集まっている様子。
今から吉野へ帰ります。
どんくささを引きずらないように切り替え切り替え。

頑張るぞ。











出張苔玉教室 | 20:33:16 | Trackback(0) | Comments(2)
雪柳
2012_0202三日月豆0035
ボケの花が満開すぎるので少し終わりかけ(でもまだ摘むには忍びない)花を思い切って摘みました。
それでちょっと水に浮かべてみました。


半月ほど前に蕾が固い雪柳の苗を苔玉にしました。
蕾が付いているときに根っこを崩すと苗が傷んで、せっかくの蕾が茶色く落ちてしまったり、葉っぱがしおれてきたりします。。(植物自体枯れてしまうことはありませんが、、)
雪柳のような柔かい葉の植物は特に気をつけます。
駄目でもともとと思っていつもより慎重に作りました。

数個の蕾はたしかに茶色くなってしまいましたが、どうやら大丈夫だったみたい。
先週からちらほらと咲き始めました。

さっき窓の外を見たら雪が降っていました。寒いはずだ。
細かくてフワフワした雪、雪柳の花のようだと思いました。。

私の好みでは、苔玉にするのもいいけど、雪柳は地植えに白い花をたくさん咲かせているのがいい。
フワフワとノビノビと長閑な春を感じさせるような雪柳がいいな。
(そんなこと思いながらも苔玉にしてるんですが・・・、)

今年のは葉がまとまりすぎていて柳っぽくない。
来年はもう少しノビノビとさせて花を咲かせたいな。

雪柳のような葉っぱが薄い植物は水枯れや強い日差しに弱いので夏の管理は大切です。







植物コラム | 15:50:27 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。