■プロフィール

店主 まつもと

Author:店主 まつもと
苔玉と植物のお店と苔玉教室 「三日月豆」の店主。
2013年11月より大阪・上本町から八尾市へ移転しました。
新しい住所は八尾市桜ヶ丘1-69相馬賃家東(奥)より3軒目。古い平屋長屋です。
営業日は随時報告いたします。よろしくお願いいたします。
苔玉の育て方

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
梅~桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿~
BLOG1852.jpg   『桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿』

かれこれ5.6年前でしょうか・・・。
友達が勤めていた園芸店の教室を担当していました。
そのとき教室に参加して作った寄植えの梅です。

例によって・・・、放置のかぎりをつくしてるのですが、
毎年ポチポチと蕾をつけてくれています。今年は沢山ついているような気がします。
自分のこと野生と思っていることでしょう。

我が家の庭にいてる植物は・・・・世話らしい世話もしてないので、誰のためでもなく自分のためだけに生きているのです。私はそういうのが好きなんだな・・・・・・って、

ものは言いよう!ちゃんと世話すればもっとよくなるんでしょうが・・・へへへ。


さて、『桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿』とはことわざです。
桜は切ったところから腐っていくので、剪定の必要はない、ということで
梅は切ることで枝数が増えて蕾が沢山つく、ということです。

教訓は「同じ対応をしていても、相手によって全然違う結果が生まれる」ということらしいです。

今日、梅をみて思い出したことわざです。
気になったので調べたのですが・・・頭ゴンって小突かれた気分に・・・・。
みなさんも思い当たることないですか?

しかもね・・・梅の剪定してないよ。ここ数年・・・・。
ここにお馬鹿がいました。

こんな馬鹿のために(って勝手に思っておきます)にこんなに蕾をつけて綺麗に咲く梅、
愛しいです。



*梅の鉢植えの剪定*
花後に新芽を枝元から2芽のこして切ります。
枝先に比べて枝元の芽は小さいので見落とさないように・・・。
全体をこのように整えます。

*植え替え時期*
花後に剪定をして、その後に行います。
梅の芽だしは早いので、遅くとも3月の上旬には終えましょう。
土は排水性のよいもので・・・・赤玉中粒5、桐生砂3、腐葉土2を参考に。



ブログランキングに参加してます!

今年は剪定します。
ので・・・クリックおねがいします~。



スポンサーサイト


未分類 | 19:54:32 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-02-16 月 20:40:45 | | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-02-19 木 15:39:24 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。