■プロフィール

店主 まつもと

Author:店主 まつもと
苔玉と植物のお店と苔玉教室 「三日月豆」の店主。
2013年11月より大阪・上本町から八尾市へ移転しました。
新しい住所は八尾市桜ヶ丘1-69相馬賃家東(奥)より3軒目。古い平屋長屋です。
営業日は随時報告いたします。よろしくお願いいたします。
苔玉の育て方

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
シノブの苔玉
シノブは着生のシダ植物です。
根っこが外側に出てきて巻きついてるように見えますね。
よく木の幹に根っこを這わせて着いているシダを着生といいます。
この根っこがタランチュラのようで面白いと前にお客さんが言ってたのを思い出します。
本当にクモみたい。
sinobu01.jpg
苔玉の直径8cm・高さ20cm(撮影当時)

シノブという名前は『耐え忍ぶ』からきているそうです。(本当かどうかですが・・・)
でも植物の性質を見ていると本当に・・・・・・耐え忍ぶのですよね~。(つまり強い)
例えば・・・・日差しが強すぎて、水もカラカラが続いて、葉っぱが全部落ちてしまっても根っこは生きていて、よい環境に置いてやると葉っぱを出して美しい姿となります。

sinobu02.jpg

シノブにとって良い環境とは、ざっくりいうと、
*日陰
*ジメジメしている
*野外(室内でも結構耐え偲びますよ)

とはいえ・・・、環境に適応するので自然であれば結構どんな場所でも元気にいています。

sinobu03.jpg
苔玉の直径7センチ・高さ20cm(撮影当時)

葉っぱが落ちてしまっても、日陰の植物の隙間にほっておいたらいつの間にか元気になってる。
すっごく安心感があるんです。

sinobu04.jpg

それに、なんとなく日本の太古の森を感じさせてくれるところも好きなんです。




三日月豆のこけだま教室日記も更新しています!
ごらんくださいませ!!

8月30日、芦屋に出張苔玉教室その②

a href="http://blogranking.fc2.com/in.php?id=332817" target="_blank">
・・是非ともクリックおねがいしま~す。




スポンサーサイト


苔玉 | 20:35:23 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。