■プロフィール

店主 まつもと

Author:店主 まつもと
苔玉と植物のお店と苔玉教室 「三日月豆」の店主。
2013年11月より大阪・上本町から八尾市へ移転しました。
新しい住所は八尾市桜ヶ丘1-69相馬賃家東(奥)より3軒目。古い平屋長屋です。
営業日は随時報告いたします。よろしくお願いいたします。
苔玉の育て方

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
姫ヒイラギの苔玉
hi-ragi01.jpg
苔玉の直径9cm・高さ27cm(撮影当時)

時を重ねるごとにとてもよくなっていく苔玉があります。
作った当初はなんだかな~と思っているものだから・・・、いつまでたっても売れないで、
仕方がないから吉野のお家で放置育てされていた一品。

そいったものも半年に一度に整理をするのですが、これが意外と発見の作業なんです。

このこ、姫ヒイラギの苔玉も昨年の末に(たしか・・クリスマス時期前に)作られたものを
綺麗に手入れしました。
すっごく素敵になっていて、手放すのが惜しくなるくらい。
袂に植えた豆つたもノキノキしてますしね~。

縁起物という点でも(縁起ものが大好きです)!オススメの一品。

hi-ragi02.jpg

ヒイラギは半日陰から日向がよいです。
夏の直射日光にあたりすぎると葉っぱが黄色くなったり、秋なるとくたびれて葉っぱがポロポロと落ちてしまうこともあるでしょうが、基本的に強いので日陰にしばらく療養していると新しい葉っぱが出てきます。
水やりもある程度の乾燥には耐えますが、耐えすぎると葉っぱがポロポロするのでご注意を。

ポイントですが、これらはヒイラギに限らすだいたいの植物にいえることです。

また姫ヒイラギの苔玉ちゃん作りたくなりました◎



・・是非ともクリックおねがいしま~す。







スポンサーサイト


苔玉 | 12:16:01 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。