■プロフィール

店主 まつもと

Author:店主 まつもと
苔玉と植物のお店と苔玉教室 「三日月豆」の店主。
2013年11月より大阪・上本町から八尾市へ移転しました。
新しい住所は八尾市桜ヶ丘1-69相馬賃家東(奥)より3軒目。古い平屋長屋です。
営業日は随時報告いたします。よろしくお願いいたします。
苔玉の育て方

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ばらの花
2010_0415三日月豆0005

ばらの花をいただきました。
(あ、おすそ分けで・笑)

苔玉もいいんですが、お花ってもらえるとすごく嬉しいなぁ。
窓から入る光にすけてすっごく綺麗です。

ばらの花といえば、
シューベルト作曲の「野ばら」。

老若男女問わず、口ずさめるんではないでしょうか~?すごい歌。

童は見たり~野なかのばーら
清らに咲けるその色 愛でつ
飽かずながむ
紅におう 野なかのばーら♪
(だったかしら??)


この歌って、夜道を一人で歩いているときについ口ずさんでしまうのです。
一番しか歌えないので、目的地に着くまで延々と・・・
小学生のころからの習慣です。(成長して!って感じですが)

特別に好きとか考えたことないのですが。

私がこどものころは子どもがひとりで夜歩き出来る時代だったんですね。
家に帰るのにどうしても通らなくてはいけない道があって、
電燈もない真っ暗闇の小道だったんですが、

本当に真っ暗でおばけも幽霊もへびとか動物とか平気で出てきそうな雰囲気なんですよ。
そこ通るときに家の光が見えるまで歌っていました。
結構、切羽詰りながら(笑)

真っ暗闇の夜道を家路につくためのおまじないのつもりだったのかな。

今は怖くはないし、真っ暗闇というのがないですよね。
なので、のん気に(人目も気にしつつ)歌っているときがあります。

くるりの「ばらの花」も大好きなんだけど、
おまじないにはならないな~。



・・是非ともクリックおねがいしま~す。




スポンサーサイト


雑記 | 16:28:49 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
ばらの花、きれいですね~。私もシューベルト版「野バラ」の鼻歌をよく歌います♪

福祉会館から銀杏菴へ行く途中の北側のお宅では、毎年きれいなばらの花を咲かせてらっしゃるので、そこを一人で通る時は咲いてない時期でも必ずこの歌が出てきます。

年配の男性がこのばらの木の手入れを丁寧にされていたのですが、最近お見かけしなくなって勝手に心配していたのですが、先日、西川が前を通ったら、別の方が荷物を出しておられた様子だったとか…。

ばらにはたくさんの蕾があるので、もうすぐいつもの5月のようにきれいな花を見ることができると思うのですが、大切に育てていらしたあの方がお元気でいらっしゃるといいなぁと勝手に祈っています。

花が咲く頃にあのあたりを通ることがあったら(めったにないとは思いますが…)かわいいばらをみてあげてくださいね。
2010-04-21 水 00:01:16 | URL | ちゃぷちゃぷ [編集]
Re: タイトルなし
「野ばら」って本当に口についてしまいますよね。
そういえば、黒澤監督の映画「8月の狂詩曲」と思うのですが、子どもたちが山の中(でしたっけかね~)で歌っているのが印象的だったなぁ。

銀杏庵の北側のおうちですね。
知ったからにはわざわざ通りかかって見ると思いますわー。

手入れされている薔薇は本当に見事ですよね。
見かけていて気にかけていた方が突然見えなくなると気になりますよね・・。
私も(知りもしないのですが)元気でいらっしゃることを一緒に願います!!

薔薇楽しみだなぁ。






2010-04-21 水 23:27:13 | URL | 店主 まつもと [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。