■プロフィール

店主 まつもと

Author:店主 まつもと
苔玉と植物のお店と苔玉教室 「三日月豆」の店主。
2013年11月より大阪・上本町から八尾市へ移転しました。
新しい住所は八尾市桜ヶ丘1-69相馬賃家東(奥)より3軒目。古い平屋長屋です。
営業日は随時報告いたします。よろしくお願いいたします。
苔玉の育て方

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
シラカシ
2010_0726三日月豆0048

ウラジロカシ 裏白樫

谷町6丁目のお店のときにふらっと寄ってくれたお兄さんが隠岐の島の方で、
色々話をしていたら・・・

「裏山に実生の小さい植物がたくさんあるから採って送ってあげるわ~」(信じられん・笑)
となって、やってきた植物の中に居ていたのがこのコです。

苔玉にしてから2年は経っていたりと三日月豆の大の大の秘蔵っ子。

ウラジロカシという名前のとおり葉の裏が白いです。

胆石を患っている方に
「ウラジロカシの葉を乾燥させて飲んだらいいらしいんだけど、どこかにないかしら?」
とご相談を受けて・・・(いったいどんな相談や)
父に聞いたところ 「橿原神宮のぐるりに植わってるのウラジロやで」
と教えてもらったんですが・・・・
木があまりに巨大すぎて頂戴するのも笑える話だったので残念した思い出があります。
(警察に通報されるって)

そんなわけで、隠岐の島から来たこのコがウラジロカシなんだ~と判ったわけなんです。

私は個人的に日本の野山に自生しているかっちりとした深い植物が好きなんですが、
ウラジロカシもその一つです。
日本の比較的暖かい地域に自生しています。
後は朝鮮半島南部と台湾に。

そういったわけで、ウラジロカシが元気に育つためには室内であっても野外にちかい環境であることが大事です。
例えば、元気がなくなったら野外に雨ざらしに置いておくと知らないうちに元気を取り戻していたりします。
(経験済み・笑)

先に書いていたように薬草としても有効で
葉っぱをお風呂に入れてはいると、切り傷ややけど、肌荒れやニキビ・・・痔にも効くそうです。


2010_0726三日月豆0049


苔玉教室日記も更新しております。
8月4日(水)の教室



・・是非ともクリックおねがいしま~す。






スポンサーサイト


苔玉 | 13:59:32 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-08-07 土 21:31:56 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。