■プロフィール

店主 まつもと

Author:店主 まつもと
苔玉と植物のお店と苔玉教室 「三日月豆」の店主。
2013年11月より大阪・上本町から八尾市へ移転しました。
新しい住所は八尾市桜ヶ丘1-69相馬賃家東(奥)より3軒目。古い平屋長屋です。
営業日は随時報告いたします。よろしくお願いいたします。
苔玉の育て方

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
孤高の人
2010_0809三日月豆0005

もともと本をよく読んでいたんですが、大阪でお店をはじめてから全く読まなくなってました。
ここ最近、ものすごく読書意欲がムクムクしてきて古本屋をみつけては本を漁っていたりします。

この一週間、私を夢中にさせていたものは

新田次郎の「孤高の人」

10代のころに一度読んでたんですが、よかったな~ということぐらいしか覚えてなくて
思わず手にしてしまいました。

私の父は日本アルプスなど登山するのですが、やっぱり読んだことあるそうで
山を登っている人にはありありと景色が浮かんで面白い!と言っていました。
私はしませんが・・・充分楽しめましたよ。

偉大な加藤文太郎さんを死に導いてしまった後輩の宮村さんがあまりにも痛痛しく感じて、
それに引きづられて命を落とした加藤さんという人間が愛しいんですね。
10代のときはどう思っていたのでしょうか?
宮村、一人で死ねよ~とか思っていたかも。

孤高の人ってどんな人?
気になる方は是非是非読んでみてください~。
冬山登山が多いので、夏に読んだらヒンヤリするかも・笑。

個人的に笑うところではないのですが(大真面目なので)、笑えるところ随所随所・・あるかも。

ちなみにこれは実在の人物をモデルにしたフィクションのノンフィクションですが、
作者側の意図で事実を変えていることもあるそうです。
それにしても、色あせないんです。

今年は新田次郎を読み漁ることになりそうです。




スポンサーサイト


読書 | 13:08:44 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。