■プロフィール

店主 まつもと

Author:店主 まつもと
苔玉と植物のお店と苔玉教室 「三日月豆」の店主。
2013年11月より大阪・上本町から八尾市へ移転しました。
新しい住所は八尾市桜ヶ丘1-69相馬賃家東(奥)より3軒目。古い平屋長屋です。
営業日は随時報告いたします。よろしくお願いいたします。
苔玉の育て方

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ポーポー屋さんに苔玉
ポーポー屋さんの奥の窓外が小さく出ていて、プランターが置いてあるんですが、
ちなみに30cmほど先はビルが建っているという隙間です。
そこに苔玉を置くと育てるのにとてもよい環境だったんです。
(雨風当たって、光の加減もよい)

さりげなーく書いてますが、苔玉を育てる参考になればと・・・
たとえばこういう場所でもあれば植物を育てられるんですね。


本当に苔は青々、植物も活き活きです。

そんなこんなで、ご好意でお店に苔玉を置いていただいてます。

2010_0821三日月豆0011


2010_0821三日月豆0015


2010_0821三日月豆0016

三日月豆は白壁ですし光もよく入る明るい部屋なので、苔玉の印象もそんな雰囲気に思ってしまうのですが
ポーポー屋さんのようなほの暗い(妖しくないけどあやしい?)雰囲気にもあいます。

やっぱり植物は選ぶと思うのですが、本当にいい感じです。


あぁうれしい。



2010_0828三日月豆0005
わかりますか?

お客さんが発見してくれたんですが、アカヒレの赤ちゃんが誕生していた~!!!
見つけてくれなかったら絶対知らないままだったかも・・・笑。
無事に大きくなってねー。

でもあんまり増えると困るかなぁ・・・なんて。

と思って、真剣に瓶を除いていたらエビが一匹死んでました・・・泣。
寿命・・・っぽい?

うっかりと小さな世界にもある当然ある理を感じてしまった。










スポンサーサイト


未分類 | 14:51:28 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。