■プロフィール

店主 まつもと

Author:店主 まつもと
苔玉と植物のお店と苔玉教室 「三日月豆」の店主。
2013年11月より大阪・上本町から八尾市へ移転しました。
新しい住所は八尾市桜ヶ丘1-69相馬賃家東(奥)より3軒目。古い平屋長屋です。
営業日は随時報告いたします。よろしくお願いいたします。
苔玉の育て方

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
異人たちとの夏
2010_1015三日月豆0012

季節はずれなんですが・・・
朝晩が涼しくなってきた今日この頃、夏の名残を惜しみながら
秋の夜長に読むのにぴったりかもしれません。

山田太一さんの 「異人たちとの夏」

内容がうまく説明できないんですが・・・
心身弱っているシナリオライターの男が、幼いころに亡くなった両親とそっくりな夫婦に出会う。
夫婦との団欒に元気を取り戻したように思う男だったが、
年若い恋人に夫婦と会うことを止められる。

で最後、え~!!!って思うような落ちがあるんです。

「世にも奇妙な物語」になりそうな話でした。
だって、脚本家ですものね。

本当に素敵な話なんです。
男の両親にそっくりな夫婦との団欒がまたいい。

心が冷えるけど暖かくなります。(どっちやねん)
暖かいだけでも駄目だし、ただ冷えてるだけでも駄目なんです。

とても不思議なせつない話なんですが、現実味がある希望のある小説です。


↑の写真で一緒に写っているのはマングローブの苔玉です。
別に意味はないんですが、この本と一緒に写るんだったらこのコかな~とイメージしてみました。

マングローブの苗はあまりお目にかかれないんですが、
偶然にホームセンターで見つけて食いついてしまいました。

実は育てるのは初めてなんですが、今のところよい感じです。
苔玉姿もなかなかよいですよね。
冬越し頑張ってもらいましょう。



苔玉教室日記も更新しております↓
            10月10日(日)の教室
スポンサーサイト


読書 | 16:29:07 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。