■プロフィール

店主 まつもと

Author:店主 まつもと
苔玉と植物のお店と苔玉教室 「三日月豆」の店主。
2013年11月より大阪・上本町から八尾市へ移転しました。
新しい住所は八尾市桜ヶ丘1-69相馬賃家東(奥)より3軒目。古い平屋長屋です。
営業日は随時報告いたします。よろしくお願いいたします。
苔玉の育て方

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
どこここ?
明日は幼馴染の結婚式に出席します。
今日は三日月豆を臨時休にして早めに吉野に戻っていました。

といっても、気楽に休んでたわけではなくて・・・
少し山のほうに出かけて植物採集?に出かけていました。
(車で20分ほどの場所ですけど・・・)

この辺は車一台通るのがやっとの林道でかなりの坂道グネグネ道。
(ジムニー走らせるのにぴったりだわ~)

TS3N03370001.jpg

この辺の山は綺麗に手入れされていて、
杉林の隙間から差し込む光が、木々の袂に点在してるシダ植物を照らしているのが本当に美しい。

寂寞としている雰囲気が好きなんですが、それは人が手が入っているからこそなんです。

先日、大阪で林業を手伝っておられる女性とお会いする機会があったんですが、
「吉野の林業は世界一だから、世界に誇れる」
と言っていただいたことが(って私は林業関係ないんですが・・・)、
驚きとすごく嬉しかった。

そんなことがあったので、あらためて・・・子供のころから見慣れた林道をみて本当に美しいな~と思えました。
ただぼんやりと自然が美しいと感じるのではなくて、
人が自然を保つために自然に手入れているからこそ・・・美しく、均整がとれている世界のような気がします。

(それでもって、その絶妙な自然を保つ芸術的な仕事をしているのは田舎の酒飲みのおじさんだったりする
         ↑馬鹿にしているんじゃなくて知っているから敬意に感じるということです)


ということに気づかされる出会いが大阪であったのが不思議~(笑)

なんてこと考えながら、はたから見たらとっても怪しい私は
ちょこちょこと(そうそう仰山採れませんわ)植物を拝借していました。
もう慣れたけど~本当に怪しい女だと思いますわ・・・。

しかし、寒かったな~。

スポンサーサイト


奈良のこと | 20:21:27 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。