■プロフィール

店主 まつもと

Author:店主 まつもと
苔玉と植物のお店と苔玉教室 「三日月豆」の店主。
2013年11月より大阪・上本町から八尾市へ移転しました。
新しい住所は八尾市桜ヶ丘1-69相馬賃家東(奥)より3軒目。古い平屋長屋です。
営業日は随時報告いたします。よろしくお願いいたします。
苔玉の育て方

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
思っていたより可愛いんですよ。
5月4日(水・みどりの日)、
GW真ん中はポーポー屋で苔玉ワークショップでした。

参加者2名とはちと寂しいですが、
その分充足感のある満つな教室となりました。
なじみのお2人様で気心もしれてる!
ありがとうございました♪

2011_0504三日月豆0004
ポーポー屋へ向う途中で珍しいもの見かけました。
5月に飛行船っていい。なんだかスカッとした気分に。
アリコの飛行船・・・何で気持ちがなぐさめられるのかわかんないですね(笑)




2011_0504三日月豆0005

2011_0504三日月豆0006

吊しのぶは江戸の文化です。
江戸時代の庭師さんたちが夏のお中元に贈ったことから始まったそうです。
軒に風鈴と一緒にぶら下げて、夏の涼を目と耳で感じます・・という夏の風物詩。
素敵ですね。

2011_0504三日月豆0011  2011_0504三日月豆0013

シュロ縄で編んで、完成です。
三日月豆でも初の吊しのぶ作りでしたが仕上がりは思っていたよりずっと可愛い
これからの季節にぴったりですね。

ちなみにシダ植物のシノブを使って作るので吊しのぶ(又は釣りしのぶ)といいます。



2011_0504三日月豆0008

今回、教室に付いているポーポー屋さんのメニュー。
えんどう豆のスープ
かぼちゃと小豆の炊いたの
サラダ(粒マスタードドレッシングが新しくて美味しかった~)
3Fのグラニーズさん(パン教室)の食パン
そして、ポーポー屋さんのメニューにまつわるレクチャーも少し


毎回、とっても楽しみにしています。
そして勉強になります。
毎回、ポーポー屋さんがメニューをどうしよう~?こうしようか~?
と話してくれるのが楽しみだったりします。
上本町のお店から出張教室するときは
する場所ならではの+αの楽しみがなければと思っています。
そういうのが自然と伝わればいいのになと思っています。


次回、ポーポー屋さんでの吊しのぶの教室
5月25日(水)19時~
定員8名、残席若干残っています。
お待ちしております~。

06-6772-6720(三日月豆)まで。



それと、
5月20日にLマガジン社からムック本、『植物の本』が発売★
三日月豆のお店とポーポー屋さんでの苔玉ワークショップが取材されています。
店頭で見かけたら、是非・・・手にとって!めくって!(よかったら購入・笑)くださいませ^^
スポンサーサイト


出張苔玉教室 | 16:22:08 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
実家にも、、、
連休、帰省した自宅の、ワイルドな庭兼畑に、吊しのぶ、発見。畑の柵に掛けられて、風鈴がチリンチリン鳴っておりました。苔玉らしいものは見事に枯れてましたけどね。
多分、母親がボランティアで助手を務めるガーデニング教室でつくったか、もらいうけてきたものと思われます。
父親はこれが「吊しのぶ」ということを知らず、風鈴のついている玉と呼んでいたので、早速、呼び名を教えてあげました。
夏のお中元に贈ったという情報、また教えてあげよっと。
2011-05-06 金 20:51:55 | URL | Nora [編集]
Re: 実家にも、、、
なんだか長閑な田舎風景が見える。いいですねー。

私はなぜか随分子どものころから吊しのぶという言葉を知っていたんですが、
もしかして・・・知らない人の方が多い・・・のか?と思う今日この頃でした・笑。
苔は枯れているのではなくて水苔を使っているので茶色(というかベージュ?)でいいのだと思います。
三日月豆の教室は水苔の上に薄く苔を張っているので緑色なんですよ。
2011-05-07 土 13:42:47 | URL | 店主 まつもと [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。