■プロフィール

店主 まつもと

Author:店主 まつもと
苔玉と植物のお店と苔玉教室 「三日月豆」の店主。
2013年11月より大阪・上本町から八尾市へ移転しました。
新しい住所は八尾市桜ヶ丘1-69相馬賃家東(奥)より3軒目。古い平屋長屋です。
営業日は随時報告いたします。よろしくお願いいたします。
苔玉の育て方

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
神の火 と 8月生まれ
2011_0821三日月豆0021

『神の火』 高村薫

3月11日の震災後から、改めて本棚から引っ張りだして読んだ本です。
単行本は1991年に発売されていて、学生時代に読んだのは大きく加筆修正せれた文庫本です。

簡単にザックリ説明すると、
舞台は大阪と福井。ロシアスパイだったの原発スペシャリストの主人公が、ある出会いと再会によって原子力施設が絶対に安全なのだろうか・・・ということを暴くというお話。

筆者はチェルノブイリ原発事故を契機に原子力の絶対安全への警告として物語を書いています。
本の中には原子力の専門的な用語や説明がこと細かにされています。
私が読んだときは2000年ごろ。
チェルノブイリ原発事故の惨状は知識として知っていても、物語がとても面白く感じて読んでいただけでした。

その時は自分が住んでる国がこんなにたくさんの原子力発電所に囲まれてるなんて思いもしなかった。事故後の新聞を見て一番驚いたのがその事だったんです。
情け無いことに。

今再び読んでみて、物語に更に深みとメッセージを感じました。





8月20日(土)、
2011_0821三日月豆0007

2組で相席の教室をしていただきました。
知らないもの同士ですが、苔玉教室を通じて和気あいあいと楽しくしてくださってたのでよかったです!素敵な方ばかりでした♪ありがとうございました。

教室していて言うのもなんですが、
手作りの苔玉って本当にいいな~と思いますね。
みなさんの(自分の作ったのが一番)カワイイわ、という眼差しが好きです(笑)

またのご来店お待ちしておりますー。














スポンサーサイト


読書 | 18:59:22 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。