■プロフィール

店主 まつもと

Author:店主 まつもと
苔玉と植物のお店と苔玉教室 「三日月豆」の店主。
2013年11月より大阪・上本町から八尾市へ移転しました。
新しい住所は八尾市桜ヶ丘1-69相馬賃家東(奥)より3軒目。古い平屋長屋です。
営業日は随時報告いたします。よろしくお願いいたします。
苔玉の育て方

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
名古屋モノコト・苔箱庭ワークショップの2
2回目の会、5名さま。
老若男女が良い感じに混じった会でした。
不思議と箱庭たちの雰囲気も前回と違うような気がします。
(モノコトさんがおっしゃってなるほどな~と思いました)

2011_1002三日月豆0060  2011_1002三日月豆0063

2011_1002三日月豆0064 2011_1002三日月豆0068

2011_1002三日月豆0071

う~ん・・・本当に面白いですね。
箱も焼板と白では随分雰囲気も変わる。

箱庭の育て方です。
このことに関してはサンプルを育ててくれているモノコトさんのほうが説得力ありそうですね~。

・日々の水遣りは基本的に霧吹きがいいでしょう。苔の表面は(室内に置いてるときは特に)乾きやすいので、度々します。置いている場所のそばに霧吹きを常備しておくとよいでしょう。
それとは別に植物にも水が必要です。これが難しいと思いますが、一日に一度、霧吹きの水遣りの時に植物の生えている箇所にタップリと水を与えます。一週間に1度、如雨露で上からたっぷりと水遣りします(鉢の底から水が抜けるぐらいたっぷりと)。その後はしばらく霧吹きでの集中的な水遣りは必要ないと思います。

・置き場所は基本的に野外の日当りのよい場所で。特にこれからの季節は日差しが柔かいのでどんどん陽にあてましょう。

・雨の日は雨にかかるとよいです。

以上のことはあくまで目安ですので、環境によっては変えた場合がいいこともあります。
その辺は自分で見てわかってくるとよいでしょう。

モノコトさんはお店で育ててくれてますしね~。
あ、でもお家の場合は野外をオススメします。

中に入れたり外だしたりと楽しんでくださいね。

その③はまとめです。


スポンサーサイト


名古屋・モノコト | 18:23:59 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。