■プロフィール

店主 まつもと

Author:店主 まつもと
苔玉と植物のお店と苔玉教室 「三日月豆」の店主。
2013年11月より大阪・上本町から八尾市へ移転しました。
新しい住所は八尾市桜ヶ丘1-69相馬賃家東(奥)より3軒目。古い平屋長屋です。
営業日は随時報告いたします。よろしくお願いいたします。
苔玉の育て方

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
錦糸南天
2012_0123三日月豆0056

ホームセンターの園芸コーナーに勤める友人からのプレゼントにいただきました。
錦糸南天キンシナンテン

南天は好きな植物の一つなので嬉しい。
ありがとうございました。

南天は難を転ずるという意味もあって縁起がいい。
庭にも植えられる代表的な植物ですし、日本人には馴染みが深いような気がします。
例えば、冬に見る雪の白と南天の赤を美しいと感じるのは日本人独自の美意識なんでしょう。

そういえば・・・紅珊瑚のイヤリングを買うのを迷っていたら店主さんが、
南天の実みたい。冬にぴったり。のようなことをおっしゃって即買うのを決めたことがあります。
こういう言葉はそそられる。
ちなみに谷町6丁目にあるひなたさん

錦糸南天は園芸が栄えた江戸時代に品種改良で生まれた突然変異です。
江戸時代は変り種の植物の種類がたくさん生まれたようです。
それも世の中が乱れて時代が変わり、今では珍しい品種となり人々の嗜好も変わっていきました。

錦糸とは着物などに織り込まれる細い絹の金糸。
葉が細くなって変異した写真の南天のような植物は錦糸と名づけられたようです。
錦糸というのを連想できれば錦糸南天の美しさに、ほーなるほどと思うかも・・・。

江戸時代の園芸は面白いです。
一見すると醜悪とも言えるような突然変異種が紙一重の美しさを感じさせます。

2012_0123三日月豆0055
苔に住む人が1人になりました。
のんびりさん。
また土圭屋さんにお願いしましょう。


そういえば、ちらしずしの上に乗せる錦糸玉子もそうですね~。
こどものころからなぜか錦糸玉子作るのが得意で好きでした。
綺麗と思うのは単に私の嗜好なのかしら。。。。
スポンサーサイト


植物コラム | 17:06:30 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。