■プロフィール

店主 まつもと

Author:店主 まつもと
苔玉と植物のお店と苔玉教室 「三日月豆」の店主。
2013年11月より大阪・上本町から八尾市へ移転しました。
新しい住所は八尾市桜ヶ丘1-69相馬賃家東(奥)より3軒目。古い平屋長屋です。
営業日は随時報告いたします。よろしくお願いいたします。
苔玉の育て方

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
馬酔木
2012_0322三日月豆0027

昨年の3月の苔玉教室のサンプルに作ったアセビの苔玉が今年も鈴なりの蕾をつけてくれました。
花の季節が終わったら・・・アセビって葉っぱだけの味気ない姿になるでしょう。
苔玉も自宅の庭に放置ぎみに一年置かれていました。
時々・・・アシビはここに居るのだなと、確認するぐらい(笑)

とはいえ、アシビの好むであろう場所に置きと水やりはお天気さんと父母にちゃんと任せておりました。アセビを苔玉にするのは初めてだったので、次の年は花が咲くのかしらと疑心暗鬼だったんですが、

これがこれが・・・なかなかいい感じにたくさんお花をつけてくれました^^

自宅では、玄関前(西側)の大きいヤマボウシの木がある下に夏の間置いていました。
冬は寒冷紗のある棚に移動させて・・・
一年中、野外の日陰で大丈夫なようですね。
水やりは適度に雨が降ったらしばらく放置、天気の続く日は毎日。
少し乾かしぎみに育てるのがいいのかと思います。


昨年の作りたての苔玉と比べても枝ぶりもいい感じに・・・
ただ、花のほうに栄養がいっちゃったみたいで葉っぱの色が薄いのがかわいそう。
今年は液体肥料を適度に与えたほうがいいのかな。

アシビの葉は煎じて水で薄めると殺虫剤になるそうです。
最近では有機濃が流行っているので研究されてるみたいですよ。

漢字で馬酔木と書いてアシビと読むように、草食動物には有害植物です。
奈良公園ではアシビは食われることがないので美しく残っています。
反対に山のなかでアシビだけが以上にたくさんあるのは草食動物の食害が多いということみたいです。

吉野の山も鹿の食害が深刻なので、アシビがたくさんあるのかしら。
今度、叔父に聞いてみよう。


2012_0322三日月豆0032

アシビは愛好家も多いので、品種改良されて種類も多い。
どう改良しても全体的に地味な食物なのですが、品がいいところが好きです。
今年見つけた可愛い馬酔木。
来年も咲いてくれると嬉しいのですが。
スポンサーサイト


植物コラム | 16:36:48 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。