■プロフィール

店主 まつもと

Author:店主 まつもと
苔玉と植物のお店と苔玉教室 「三日月豆」の店主。
2013年11月より大阪・上本町から八尾市へ移転しました。
新しい住所は八尾市桜ヶ丘1-69相馬賃家東(奥)より3軒目。古い平屋長屋です。
営業日は随時報告いたします。よろしくお願いいたします。
苔玉の育て方

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
若さを感じた日
そとで作業してるのがすごくはかどるいい季節です。
今週の定休日は気持ちよく晴れてくれたので、庭の植物棚の整理もはかどってとても気持ちよかった。冬の間はとんと見かけなかった虫や蛙や鳥たちが騒がしくなってきて、
声を聞いてるのがよいBGMとなるのです。

毛虫が・・・そろそろ出てきてぎょっとしますが、
外やしどうしようもないし、私の作業してるすぐ横の壁をすごい勢いで壁を這って上がっていく。
この時期の毛虫の足の速さは脅威的です・笑。
「絶対!落ちてこんといてな!」と心で叫びながら知らんふりして作業を続けます。

TS3N07340001.jpg  TS3N07330001.jpg

作った苔玉たち数個の葉っぱをピョンピョン跳ねながら小さい蜘蛛が遊んでいました。
遊んでいるとしか思えないの。
その様がかわいらしかったので、葉っぱをつついたらピョンピョン跳ねて!
若い葉っぱに若い蜘蛛。

この世の中で一番美しい色彩を持っているのは虫なんじゃないかしら。と思うことがおおいです。
田舎で見かける虫たちの色は気持ちわる姿やな~と思いつつも見とれてしまいます。

子供のとき、自分の部屋に入ったらカマキリの赤ちゃんがたくさんいててびっくりしたことがありました。どうやら、ベットの下で卵が孵ったみたいです。
もちろんギャー!!!*‘♯@’&%$と声にならない叫びをあげましたけど・・
だんだん慣れてくると、赤ちゃんカマキリってすごい可愛い。すごく小さくて、透明の緑色。
と凝視していた思い出があります。

そういえば、最近かまきりの卵って見かけませんよね?
原っぱが少なくなったからかな。

と思ったら、アブラムシのウジャウジャも発見。
単体だといいのに、ウジャウジャはどうもな・・・。。

来月のポーポー屋苔玉ワークショップでは
「虫の防虫についてミニ講座します。」



スポンサーサイト


雑記 | 17:57:18 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
弟が机の引出しに入れっぱなしておいたカマキリのたまごが孵って天井から赤ちゃんカマキリが次々降ってきたことを思い出しました。似たような子ども時代ですねー。
2012-04-27 金 05:11:40 | URL | Nora [編集]
Re: タイトルなし
あはは、本当ですね^^子供のころの弟くんかわいい。
というか、天井から降ってくるって~!(笑)
今だから言える話ですが、当時は誰にも言えなかった。
ひかれる!と思って。
2012-04-27 金 09:12:20 | URL | 店主 まつもと [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。