■プロフィール

店主 まつもと

Author:店主 まつもと
苔玉と植物のお店と苔玉教室 「三日月豆」の店主。
2013年11月より大阪・上本町から八尾市へ移転しました。
新しい住所は八尾市桜ヶ丘1-69相馬賃家東(奥)より3軒目。古い平屋長屋です。
営業日は随時報告いたします。よろしくお願いいたします。
苔玉の育て方

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
藍があつまるもの
6月といえば、あじさいですね。
私の誕生日も6月です。

小学校のときに学級新聞があったと思うんですが、
先生が誕生月のコーナーにあじさいの花のような松本さんって紹介してくれた思い出があります。
あじさいといえば、アルカリ性の土と酸性の土で色が変わることから花言葉も『移り気』だったり。
浮気な女性を例えることが多いような感じですが・・・
こどもの私は単純に嬉しいと感じたので今も特別な花なのです。

街中で見かける大降りの花を満開にさせる西洋あじさいです。
ハイドランジアと呼ぶのがぴったりかしら。
ハイドランジアは学名で「水の器」という意味。素敵~

「あじさい」の呼び名は「藍があつまるもの」が転じたそう。
漢字名の「紫陽花」は中国では別の花の名前だったのが平安時代に日本にやってきたときに学者さんが間違えて付けたみたいです。どちらにせよ、美しいですね。

園芸をするようになってから知ったのは日本本来の山あじさい。
江戸時代のあじさい愛好家によって品種改良され、いろんな種類のあじさいが生まれました。

TS3N07650001.jpg

自宅にある山あじさいが花咲いていました。
「伊予絞り」という名前。
不思議でしょう?白地に墨を散らしたような紫の斑が入っています。
いったいどうやってこのようなあじさいが生まれたのでしょうか?

ちなみにあじさいは強い毒性があるので、ご注意です。

そういうところも含めて、惹かれる植物です。




TS3N07720001.jpg
髪をカットしてくれている涌井さんがうつぼ公園の近くでヘアサロンをopenしました。
先日来店いたしました。
お祝いの大きな植物がい~っぱいで店内の雰囲気にぴったりで気持ちいい空間でした。
三日月豆は小さいけどね、苔玉を持っていきました(笑)
なによりこの入り口の素敵なこと。
(絵はMAYAMAXさんですよ~・以前あった店からのものらしい。)
涌井さんおめでとうございます。

おススメのヘアサロンです。
rafflesia
大阪市西区靭本町1-14-19清記ビル2F
06-6131-7792
11:00~22:00
定休日 月曜日・第3火曜日



スポンサーサイト


植物コラム | 17:25:27 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。