■プロフィール

店主 まつもと

Author:店主 まつもと
苔玉と植物のお店と苔玉教室 「三日月豆」の店主。
2013年11月より大阪・上本町から八尾市へ移転しました。
新しい住所は八尾市桜ヶ丘1-69相馬賃家東(奥)より3軒目。古い平屋長屋です。
営業日は随時報告いたします。よろしくお願いいたします。
苔玉の育て方

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
さよなら子供たち
20歳前後のときは映画が好きでビデオでもよく見たし、
そのころは、ハリウッド映画はまったく興味なくて配給の少ない外国映画や邦画ばかり。
映画館もよく行きました。

映画好きのキョウコちゃんから勧められて見た映画。
とても気に入って、ビデオテープを買って永久保存したつもりが、
時代は変わってテープを再生するレコーダーがなくなってしまった!

51KK2A605PL.jpg

「さよなら子供たち」
ルイ・マル監督

見れなくなったな~と思っていたら、BSチャンネルで上映するのを見つけた。
すごく久しぶりに見ても、やっぱりすごくいい。
ルイ・マル監督の第二次世界大戦中、子供時代の体験をもとにしたそうです。

ホロコーストで虐殺されたユダヤ人の数は900万から1100万人以上という説。
そのユダヤ人のこどもをたった数人、命をかけて守ろうとする大人と
身勝手な不満不安からだいなしにする大人。
いつの時代もどんな状況でも変わらない子供らしい日常がいきいきとえがかれていて。
最後は、とても悲しい・・・「さよなら子供たち」で幕が下ります。

と説明らしい映画の説明はしてないですが、オススメです。

「シンドラーズリスト」もいいのは判るけど、
私はこちらのほうが胸にせまってくるものがありました。
ただ悲惨なだけじゃなくて、一瞬の生きてる輝きや希望は死によって奪われるものではないのだなと。久しぶりに見れてよかった。

最近はハリウッド映画も見る。
「幸せのチカラ」をまったく期待せずに見たら、以外と良くて!
「映画っていいよね~」って笑いながら帰った。
瞬間的に人を幸せにするエンターテイメントも素晴らしいですね。









スポンサーサイト


読書 | 21:52:12 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。