■プロフィール

店主 まつもと

Author:店主 まつもと
苔玉と植物のお店と苔玉教室 「三日月豆」の店主。
2013年11月より大阪・上本町から八尾市へ移転しました。
新しい住所は八尾市桜ヶ丘1-69相馬賃家東(奥)より3軒目。古い平屋長屋です。
営業日は随時報告いたします。よろしくお願いいたします。
苔玉の育て方

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
レベッカ
人と出会うと「オススメの本はなに~?」と聞くのが趣味みたいになっています。
今回はお手伝いしている小料理屋のママに借りた本。

2012_1209三日月豆0008

続きが気になって寝る間も惜しんだ。
とママが言うので借りてみた。

電車で入り込みすぎて乗り過ごしてしまった。
本当に面白い。それでそれで、と続きが気になってドキドキするのって読書の醍醐味ですね。
最初の50ページは面白くなくてめげそうなんですけど・・・だまされたと思って読んでみてください。
寝正月にはぴったりかも。

そんな話を母にしていたら、
「家の本棚にあるよ~」とレベッカの古い本を出してきた。知らなかったわ。
母は文学少女でした。本の後ろに名前と住所が書いてあった・笑。

母の実家は吉野の山奥にある旅館街でパチンコ屋を経営していたんですが、
パチンコって今から30年~40年ほど前なのでレトロな造りです。
嫌々店番の手伝いをしていたらしいです。
妹は愛想がよくて看板娘で、母は下ばかり向いて本ばかり読んでいたらしい。

なんだか物語にでてきそう。
私が小学生上がるぐらいまではパチンコ屋はしていたので、
その光景がありありと思い浮かんで懐かしい気持ちになりました。

そういえば、ひょんなことで知った鉱物ラジオに興味を持って
父に知ってるかと聞いたら、「中学生のときに作ったよ」と言われて驚いたことも。
鉱物を探してラジオを作る少年って・・・凄っ!!

なにかの拍子に出てくる親の少年少女時代の話は、なぜだろう?懐かしい。
スポンサーサイト


読書 | 22:37:03 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。