■プロフィール

店主 まつもと

Author:店主 まつもと
苔玉と植物のお店と苔玉教室 「三日月豆」の店主。
2013年11月より大阪・上本町から八尾市へ移転しました。
新しい住所は八尾市桜ヶ丘1-69相馬賃家東(奥)より3軒目。古い平屋長屋です。
営業日は随時報告いたします。よろしくお願いいたします。
苔玉の育て方

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
柳川紀行
この月火と旅行へ行っていました。

行き先は福岡・柳川。
ずっと行きたかったんですよね。なぜなのか・・・ちょっと記憶にないのだけど。
とにかく、柳川下りをしてみたくて。


Picture031813_130227.jpg
空港ついてとりあえずお昼はラーメン。博多ラーメン初めて食べました。
大阪でも食べられるらしいけど。出汁につかった昆布を刻んでいれてあるのが美味しかった!


福岡天神から西鉄特急でやく45分。西鉄柳川駅に到着。柳川下りの乗り場へ直行。

2013_0319三日月豆0020 2013_0319三日月豆0024

すみません・・・船頭のおじさん(笑)
朝までの雨で川の水嵩が増えたみたい。小さい橋をいくつもくぐるんですけど、
頭をうたないように、どんだけって思うほど下げました。楽しい・・・・

岸辺には梅桃木蓮レンギョウ雪柳こぶし水仙椿に桜少し。色とりどり。
曇り空に花の色は鮮やかで、夢のようでした。

2013_0319三日月豆0029 2013_0319三日月豆0033

岸辺に植えてある柳がとても優しげで癒されました。
柳の下の幽霊は怖くないね。と話たり。

早い夕方には宿へ行き、温泉、会席、日本酒、最高ですね!
博多ラーメンと柳川下りしかしてへん。。。


2013_0319三日月豆0045 2013_0319三日月豆0049

次の日は朝一番で柳川出身の詩人の北原白秋記念館へ。
生家が記念館となっているんですが・・・これが期待以上に楽しめて長居しすぎた。

昔は家の裏側にある水路で野菜洗ったりお米洗ったりしていたようで、
白い壁に反射した水の揺らめきの影を白秋は「水かげろう」や「昼ねずみ」と呼んでいたようです。素敵。
水路に下る階段に座って「水かげろう」をぼんやり眺めていると、
ここだけは白秋が10代のころ見ていたものと同じなのかなと思いました。


2013_0319三日月豆00412013_0319三日月豆0039
町のちょっとしたグリーンスペースが素敵だった。
この意図しない感じ。こういうのが好き。

帰りも船で駅近くまで行くことに。今日は晴れているし、反対から見る風景も違って見えるはず。
この日は若い男の人が船頭さんでした。調子っぱずれの舟歌も微笑ましかった。
船頭さんも両方の良さがあります。


Picture031913_143012.jpg

駅前でお昼。うなぎのせいろ蒸ははずせません。薄焼き卵が綺麗。
美味しかったです!

本当は大宰府も・・・と思っていたんですが、時間なくなりました。
最後は商店街?のおひなさま見学へ。


Picture031913_151708.jpg
人形屋さんの奥へ導かれて、お雛飾りのお部屋へ・・・
ぶったまげました。こんな凄いの初めて見ました。眼福としか言いようがない。
写真に写っているのだけではありません。右にも左にも斜めにも。

Picture031913_151932.jpg 
牛さん可愛いでしょ。

Picture031913_152010.jpg
花さか爺さんと白い犬(笑)

さげもんや手毬が可愛くてきゃっきゃしました^^


のんびりとした柳川だけの旅行になったなぁ。
楽しかった。

柳川いいところ。オススメです。

長々と読んでくださってありがとうございました。


2013_0319三日月豆0042

余談ですが、水路のある町が好きなんですね。それで柳川だったのか。
10年以上前に行った中国の蘇州を思い出しました。また行きたいな。
蘇州夜曲、とても古い歌ですが好き。














スポンサーサイト


読書 | 22:58:33 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。