■プロフィール

店主 まつもと

Author:店主 まつもと
苔玉と植物のお店と苔玉教室 「三日月豆」の店主。
2013年11月より大阪・上本町から八尾市へ移転しました。
新しい住所は八尾市桜ヶ丘1-69相馬賃家東(奥)より3軒目。古い平屋長屋です。
営業日は随時報告いたします。よろしくお願いいたします。
苔玉の育て方

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ガジュマルの苔玉
2013_0601三日月豆0001

ガジュマルは毎年夏になると人気がある植物。
妙に心惹かれる木。
なぜかしら?と考えてたら、ポーポー屋さんから教えてもらった
この詩が答えてくれました。



「がじまるの木」          山之口貘

  ぼくの生まれは琉球なのだが
  そこには亜熱帯や熱帯の
  いろんな植物が住んでいるのだ
  がじまるの木もそのひとつで
  年をとるほどながながと
  気根を垂れている木なのだ
  暴風なんぞにはつよい木なのだが
  気だてのやさしさはまた格別で
  木のぼりあそびにくるこどもらの
  するがままに
  身をまかせたりして
  孫の守りでもしているような
  隠居みたいな風情の木だ


タ・プロムが見たくてアンコールワットへ行ったときの
遺跡と一体化しているガジュマルは静かだけど恐ろしい感じがした。正直怖かった。
その生命力に強烈な強さを感じたけど優しさとは正反対だったかな。
でも見に行ってよかった。

力のある植物は人と寄り添っているほうがよりやさしい存在となって、
人が介入しないと恐ろしい存在になるのかも。
ガジュマルはそういう木。


三日月豆が毎年苔玉教室に使うガジュマルの苗は小笠原や沖縄で作られているもの。
小さいのだけれど、見守ってくれているような、
山之口獏さんの詩のようなやさしいガジュマルの苔玉です。


暑さや寒さにも強くて育てやすい。
苔玉や植物初心者の方には本当にオススメ。

6月9日(日)のCASOでの苔玉ワークショップはガジュマル苔玉をイベント価格で行います~。
この機会に良かったら是非。

6月9日(日)、港でみんなとワークショップ

まだまだ募集しております♪
スポンサーサイト


植物コラム | 14:05:23 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。