■プロフィール

店主 まつもと

Author:店主 まつもと
苔玉と植物のお店と苔玉教室 「三日月豆」の店主。
2013年11月より大阪・上本町から八尾市へ移転しました。
新しい住所は八尾市桜ヶ丘1-69相馬賃家東(奥)より3軒目。古い平屋長屋です。
営業日は随時報告いたします。よろしくお願いいたします。
苔玉の育て方

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
梓弓ま弓槻弓年を経てわがせしがごとうるはしみせよ  
Picture122113_164218.jpg

今日は吉野の実家で一日過ごしていました。
朝から冷たい雨が降っていたので、土のことはいっさい手をつけず。

夕方、ちょっと外へ出てみたら玄関口のマユミの木が雨上がりの雫をつけて精彩を放っていました。

マユミの木、ご存知?
春~夏は人の目に止まらない地味な木なんですが、冬に長いこと赤い実をつけるので、
山の中や町の中でも色が引き立ちます。

好きな木のひとつでもありますが、今日のマユミが妙に目をひいたので、ちょっと調べてみました。
マユミは日本でも古くからある木なので面白い由来みたいなのがないかしら、と思って。

面白いと思ったのでご紹介。
伊勢物語の24話にでてくる歌に真弓がでてきます。
長くなるのでざっくり説明すると、

京都から離れた土地に住んでいる男が宮使いすることになった。女と別れを惜しみならが京都へ旅立った。女は男を恋しく思っていたが、3年の間音沙汰なし。その間に女に熱心に求愛する男がいて、とうとう女の心は寂しさに傾いてします。男を受け入れる約束をした夜に、待ちわびた男がやってきて戸を叩く。

『梓弓年の三年をまちわびてただ今宵こそ新枕すれ』と戸を開けることなく歌で返す。
(あなたを待ちわびて3年、耐え切れずに今別の男性を受け入れています)

『梓弓ま弓槻弓年を経てわがせしがごとうるはしみせよ』 
(梓弓だか真弓だか槻弓だか知らないが、どちらにせよ長い年月(つきを掛けている)私があなたを愛したように、相手を愛せばいい)

『梓弓引けど引かねど昔より心は君によりにしものを』
(梓弓を引く引かないの話ではないけれど、私の心は昔からあなたに引き寄せられていたのよ)

と女は男を引き止めるが男は去ってします。
女は諦めきれず、男を追いかけるが追いつけず途中で息絶えてしまう。

昔の人の知的なことったらすごいものですね。
しかも、遠距離恋愛にありがちなこの恋愛話。恐れ入ります。
(追いかけて途中で亡くなってしまうところは現在とは違いますね。)


Picture122113_164423.jpg
鈴なりに実がなって可愛いのですよね。

私の友人にはマユミさんはお一人なので、マユミさん元気かしら?と思ったりします。
花の木と同じ名前なんて素敵ですよね。
例えば、桜という名前もいいんですがこの場合、桜ではないのが粋です。








  


スポンサーサイト


植物コラム | 19:16:02 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。